EN

Megumi Eda is one of those rare ballerinas who navigates easily between the classical ballet mind and the more free-thinking ways of the contemporary dancer.

​Beautiful ballerinas are often caught in their own beauty. They definitely don’t know how to mug. But Megumi can morph in a flash from small boy to impossibly regal diva to a small squirrel chewing on a nut.”

– Laurie Anderson

Photo Credit : Julieta Cervantes

Always a unique presence on stage and as an artist, in her 40s, Megumi continues to challenge herself, continually seeking new forms of expression.

With a dance career that has lasted over 30 years, Megumi has endured daily physical pain, countless injuries and 2 major surgeries but is still actively dancing at a high professional level. She is now ready to share the same daily physical and mental exercises and routines she utilizes before her actual performances.

"Ballet is a strict art and there are so many things to learn and practice, and you can’t be a professional if you cannot endure. You need to have a strong will, guts and motivation.

When I was a teen I would get upset over small things like not doing well at a competition or not getting a role I wanted etc.. I have been disciplined enough to practice day after day to improve myself in order to become a better dancer. Over time I was able to find my own style of dance, even though sometimes I had real doubts.

Although I don't dance classical ballet on stage anymore It is so important to me that I have had this basic ballet training. Classical ballet training is a home that I can always return to. Having ballet written into my body allows me to break my lines and take on new challenges.

- Megumi Eda     "

Go to megumieda.com to find out more about Megumi's career!
 

朶恵(エダ メグミ)は、厳格な古典バレエと、自由な発想のコンテンポラリーダンスの間をを行き来する、既存の枠にとらわれない独創的なバレリーナです。

美しいバレリーナは、しばしば自分の美しさにとらわれ、そこから逃れる方法を知りません。しかし、めぐみは小さな男の子から、信じられないほど堂々たる歌姫へ、時にはナッツを噛む小さなリスに一瞬で変身することができます。  

ローリーアンダーソン

ステージ上では、独自の存在感を放つ40代のアーティスト、30年以上のダンスのキャリアを持つ朶恵は新しい表現を求めて挑戦し続けています。 慢性的な身体の痛み、数えきれないほどの怪我、2回の大きな手術に耐えてきましたが、高いレベルを維持しながら積極的に活動し続けています。

Punk Mom Ballet では、彼女が実際のパフォーマンス前に行なっている、心と身体のための日常エクササイズを紹介します。

バレエは厳格な芸術であり、学ぶことと実践できることがたくさんあります。それに耐えられなければ、プロになることはできません。強い意志、勇気、モチベーションが必要です。

10代中頃、バレエコンクールで思うような結果を出せなかったり、自分が望む役をもらえずに、落ち込んだことがあります。結局その中で、私にできたことは、夢を諦めず、良いダンサーになるため、自分を改善するために、とにかく練習をし続けることでした。今考えると『良くやったなあ』と思いますが、無我夢中でひたすら誰もいないスタジオで自習練習を重ねました。

時を経て、自分だけのスタイルのダンスが確立されていきました。

私はステージ上で、古典バレエを踊ることはもうありませんが、この基本的なバレエトレーニングを受けたことは私にとって非常に重要です。クラシックバレエトレーニングは、いつでも帰れるホームです。この基盤があるからこそ、新しい挑戦をすることができるのです。

​朶恵